Welcome to Blogster!
705,490 Blogster Users  |  364,642 Posts
 
 
 

jtugjdndei

 

Blog Traffic: 834

Posts: 45

My Comments: 0

User Comments: 0

Photos: 0

Friends: 0

Following: 0

Followers: 0

Points: 795

Last Online: 298 days ago


 
 

Visitors

No Recent Visitors
 

伝説の国語教師 橋本武さん死去写真ニュース

Added: Monday, September 16th 2013 at 12:59am by jtugjdndei
 
 
 

人の身を斬り裂き、血を流させた。

 

「斬れる!」

 

「ナバール、どんな魔法よそれ!私も後ろ行ってもらってくる!」

 

「ははは、響それは無理だ。これには特殊な触媒がいるからな!ここは大人しく私の援護をしておけ!」

 

響が後ろに行こうとするのをナバールは止める。<a href="http://www.watchsruler.com/人の時計-p0t-1.html" title="時計 パネライ">時計 パネライ</a>

 

「うううう、そんな奥の手があるなら早く使いなさいよ!!キラキラしてて何か綺麗だし~」

 

「どんどん行くぞイオ!」

 

元々、速さではナバールが圧倒している。流麗な体術で硬質化された身を自在に使うのがイオの戦法とは言え、サイズの違うヒューマンで速さも優れる彼女が相手では完全な回避など出来ない。攻撃が確実にダメージに繋がるならこれまでの図式は反転する。

 

付かず離れずの距離を保って徹底的に魔将イオにまとわりつきながら次々に斬りつける一方的な展開だった。

 

響にまで手が回らず彼女は攻撃し放題、ナバールを追うもそのスピードに翻弄されて何度となく斬りつけられていた。

 

治っていくよりも、傷が深く残っていく。但しこのままでは致命傷には至らない。最初につけた脇腹はもう癒えてしまっているし、狙うとしたら失血による戦闘力低下までになる。流石に首や胸、腹などは中々狙わせてもらえない。

 

響の攻撃も両手持ちで浅く引き斬る、筋肉で止められない攻撃に切り替えている。裂くことを目的にして先の二の舞にならないよう留意している。

 

だがその展開の中、攻撃をパリィすることも受け止めることもほぼ無くなった騎士が一人、呆然とした顔で戦況を見ていた。

 

「……あれは、ローズサイン?嘘だろう?どうして、彼女にあんな……」

 

何かに気付いたのかベルダは後方のウーディを振り返る。

 

彼の王子たる地位を知るウーディは問い詰めるようなベルダの行動に目を逸らすことしか出来なかった。

 

ウーディ以外の仲間は知らない、ベルダの王子たる地位。それ故に彼は普通の人の知らない特殊な情報に触れる機会も多い。その中に今、有利を作り出しているナバールの変化の原因があった。

 

|薔薇の欠片(ローズサイン)。

 

見た目はコイン程度の大きさの土くれ。実際には凄まじい効力を持つマジックアイテムの一つ。

 

使い捨てで、使用すると首筋に真紅の薔薇を模した紋様が浮かぶ。名前の由来でもある。

 

効果は単純。生命の根源を糧にして力を無理矢理に引き出す。生まれてから死ぬまでにゆっくりと消耗していく、決して回復しない力を貪るように食い散らかし、使用者に限界を超えた力を与える。<a href="http://www.watchsrun.com" title="腕時計 メンズ ブランド">腕時計 メンズ ブランド</a>

 

効果時間はその者が死ぬまで。決して長い時間ではない。つまり、使用者は決して現状で得られない力を得る代わりに死を決定付けられる。

 

「あんなもの、策だって?ナバール、貴女は……」

 

純粋な剣士である彼女に発動させることは出来ない。ベルダにはそこまでわかっている。ウーディかチヤが協力したのだということにも考えが至る。

 

(恐らくはウーディ。チヤだったらあんなにはしゃいで応援はしないだろう。あいつ、響殿と俺を守る為とでも言う心算か!?)

 

確かに状況は誰の犠牲も無く乗り切れる局面では無かった。

 

だが責任全てを一人に背負わせて死を強制するなどベルダには到底容認できない。地位を偽り騎士として一行に加わる彼は、王族として持つべき考え方をまだ完全に身につけてはいない。犠牲は時に必要になるという事実は政治において避けては通れないもの。

 

実際、ローズサインの効果は絶大だ。現状においてもあれだけ苦戦していたイオも防戦一方になったし、かつては四倍の祝福をハンデにして一騎打ちに勝った逸話まである。

 

「あ、ナバール!駄目、そ

<a href="http://www.watchsruler.com/panerai-p0t-2.html" title="http://www.watchsruler.com">http://www.watchsruler.com</a>

User Comments

Post A Comment

This user has disabled anonymous commenting.